2012年06月03日

相馬樓挙式について

本日はあちらこちらで運動会でしたねヽ(^o^)丿

みなさま、はりきりすぎてお怪我はなかったですか?buta

結果は置いといて、おつかれさん会でおいしいビール飲んでいるんで下さいkao2maiku

昨日、相馬樓模擬挙式のお話をしましたが今日はもう少しお話しますbuta

相馬樓挙式は飽海清流会に伝わる自宅挙式がベースになっています。
昔は新郎様の自宅の床の間の前で行われていた結婚式を相馬樓を舞台に、伝統的な挙式の中にも現代的なエッセンスを加えて構成しています。
飽海清流会とは
国の重要無形民俗文化財である黒川能の流れをくむ、お謡いのグループでどっしりとした重厚な謡回しが特徴です。

お謡いについては
御両家様がバスから降りて花嫁行列で相馬樓に入る時には「待謡」が謡われ、花嫁が新郎の自宅に嫁入りするときに花嫁を待っているという意味の曲を相馬樓の玄関で謡っています。



玄関には相馬樓女将と舞娘もお出迎えいたします。

そのまま、二階の挙式会場へと進んでいただきます。
皆様、お座りになったところで新郎新婦入場致します。その時に謡われるのが「ところは高砂」です。
謡いは能の演目の中で謡われる歌のことで、この「ところは高砂」も能の演目「高砂」の中の一節でよく披露宴の中でお祝いで謡われる「高砂」は実は主役が一度舞台から去ったところで脇役の方が謡う歌です。
しかし、この「ところは高砂」は主役の松の精「高砂」。つまりお爺さんとお婆さんがうたう歌です。
高砂とは「相生の松」のこと。相生は一つの木から黒松と赤松が二つ生えていることなのですが総じて夫婦円満、夫婦が共に老いていく仲睦まじい姿をあらわしているんです。

こんな風に相馬樓挙式内で謡われるている歌にも意味があるんです。

本日は相馬樓挙式のお謡いについて一部紹介しましたkao1icon12

皆様にも相馬樓挙式に興味をもっていただけたら嬉しいですkao5




PS.相馬樓挙式は椅子でもおこなえます(*´∀`*)    


ブライダル渋谷でしたbuta
 

web拍手 by FC2
同じカテゴリー(相馬樓挙式)の記事画像
相馬樓挙式前撮り
思いがたくさん詰まった1日
SYOUNAI WEDDING
先月の結婚式❤❤❤
笑顔と幸せ(●^o^●)いただきます
お裁縫チクチク…!
同じカテゴリー(相馬樓挙式)の記事
 相馬樓挙式前撮り (2017-02-19 12:55)
 思いがたくさん詰まった1日 (2016-09-05 13:19)
 SYOUNAI WEDDING (2016-07-26 09:23)
 先月の結婚式❤❤❤ (2016-06-22 16:34)
 笑顔と幸せ(●^o^●)いただきます (2016-05-15 19:16)
 お裁縫チクチク…! (2014-10-15 19:49)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。